Loading

NEWS

  1. 第8回地域再生大賞 北海道・東北ブロック賞受賞

    全国の地方紙と共同通信が主催する「地域再生大賞」にて、弊社が「北海道・東北ブロック賞」をいただきました。約50もの団体の中から「地域のモデルとなる活動」と評価していただいたことは何よりも嬉しく、これまで地域の皆様と積み重ねてきたことは間違いではなかったと感じているところです。これからも「地域の100の課題から100のビジネスを創出する」を目指して励んでまいります。引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。株式会社小高ワーカーズベース代表取締役 和田 智行◆第8回地域再生大賞https://www.47news.jp/localnews/chiikisaisei/taisho…

    2018.01.28

  2. 【メディア掲載】2018年1月8日 AERA (アエラ) 2018年 1/15 増大号

    AERA「ふくしまをつくる」コーナーにHARIOランプワークファクトリー小高をご紹介いただきました。…

    2018.01.04

  3. 【メディア掲載】ふくしま経済ナビゲーション(KFB福島放送)

    KFB福島放送の『ふくしま経済ナビゲーション』に、HARIOランプワークファクトリー小高をご紹介いただきました。◆番組サイトhttp://www.kfb.co.jp/tv/economy/2018/01/04/012197.html…

    2018.01.04

  4. 【メディア掲載】2017年12月30日 朝日新聞

    朝日新聞『ふくしまをつくる』コーナーにHARIOランプワークファクトリー小高をご紹介いただきました。…

    2017.12.30

  5. 年末年始休業日のお知らせ

    下記の通り、年末年始休業とさせていただきます。メールや電話等は4日、または5日より対応させていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 小高ワーカーズベース(コワーキングスペース・事務局)2017年12月26日(火)~2018年1月4日(木) 東町エンガワ商店2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水) HARIOランプワークファクトリー小高2017年12月26日(火)~2018年1月4日(木)※24日(日)は臨時営業致します。…

    2017.12.20

  6. 【メディア掲載】2017年12月13日 福島民報

    福島民報「浜通り創生」のコーナーに、東町エンガワ商店の『小高産業技術高校の生徒による棚割りプロジェクト』をご紹介いただきました。…

    2017.12.13

  7. ふくしま産業賞特別賞受賞

    福島県内の優れた企業や経営者を表彰する「ふくしま経済・産業・ものづくり賞」(ふくしま産業賞)にて、HARIOランプワークファクトリー小高が特別賞を受賞しました。…

    2017.12.08

  8. 【メディア掲載】2017年12月8日 WEBマガジン Fragments

    1枚の服が持つストーリーの”ひとかけら”をお届けするWebマガジン『Fragments』にHARIOランプワークファクトリー小高をご紹介いただきました。◆東日本大震災を経て、キラキラのガラスのアクセサリーできらめく未来を自ら作り出す〈HARIO Lampwork Factory Odaka〉http://www.fragmentsmag.com/2017/12/hario-lampwork-factory/…

    2017.12.08

  9. 【メディア掲載】2017年10月31日 東北復興新聞

    東北復興新聞「Beyond2020」にてご紹介いただきました。【Beyond 2020(11)】歴史上どこにもなかった”住民ゼロ”の町で、予測不能な未来を切り拓く…

    2017.10.31

  10. 「Next Commons Lab 南相馬」コアメンバー募集

    今年度より、弊社は南相馬市の委託を受け、「Next Commons Lab」というコンセプトのもと、地域おこし協力隊制度を活用した起業家誘致事業を行います。まずは、来年度立ち上げる10本のプロジェクトのコーディネートや事務局を担うコアメンバーを3名募集します。以下の弊社代表のメッセージに共感して頂ける方にぜひ応募をご検討いただきたいです。よろしくお願い致します!◆弊社代表・和田のメッセージみなさんは、モノもサービスも溢れている豊かな国・日本に住んでますよね。でも、常に心が満ち足りていて、明るい将来も確信できている方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。今日は他国からミサイルが飛んできましたが、今の世界情勢の中、確実な未来が予想できている人はどれぐらいいるでしょうか。原発事故が起きたあの日、あたり前に来ると思っていた我々の未来は、突如奪われま…

    2017.08.31

もっと見る
PAGE TOP